個人情報漏洩被害を補填してくれる保険

GOOGLE様からのお勧め

個人情報漏洩被害を補填してくれる保険

それでも防げない個人情報漏洩。

 

いったん、この事態が発生すると、今まで築きあげてきた信頼が崩れ落ちると同時に多額の対応費の支出が必要となりますわよね。

 

中にはUSBメディアの紛失、共有ファイルソフトの利用・・・など個人の不注意によって生じる事例もございますが、
多くのケースは犯罪の被害を受けるケース。

 

よりハイテクになったサイバー攻撃から100%の防御するのは不可能なのではないかしら?

 

 

kaolu

 

 

そんな悪意のある第三者が要因になったものに関しても
企業は、その責任を問われてしまうのは不運としかいいようがないわよね?

 

さて、そんな莫大な金額が発生してしまう事態にも備えることが出来る保険が存在するって
ご存じでした?

 

感覚的には取引会社の倒産で回収が不能になった際の信用保険にも似ている気は致しますが、
それでも、金額の予想がつかないという部分では、よくこんな保険商品がつくれたものだ!

 

そう感心してしまいます。

 

売上高100億円のIT企業が、補償限度額を5億円に設定した場合、年額400万円前後の保険料になるとのこと。

 

PCの盗難のようなケースや従業員の故意による情報漏洩対してもカバーする「個人情報漏洩保険」も提供が始まっているそうよ。

 

個人情報漏洩が判明した際の危機管理コンサルティングをサポートしたり、
情報漏洩対象者への損害賠償金、訴訟が起こった場合の費用の補償、
企業ブランドの低下を防ぐ「ブランドプロテクト費用」に対する補償が含まれている保険もあるんだそうです。

 

ちなみに今回の情報はわたくしが登録しているリクルートのIT関連メルマガ、
キーマンズネットより・・・

 

 

ITに関する様々な情報を知ることが出来て重宝しております。

 

 

 

 

 

 

kaolu時間短縮!kaoluのある得大メルマガ!公式ガイドサイトTOPページへ

 

 

時間短縮したいいのなら・・・速読・・・

誰でも簡単にたった60分で速読できる!